FC2ブログ



東京の尾山台商店街にあるSHOPマドモアゼル・愛のブログです

Prev  «  [ 2018/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

SHOPマドモアゼル・愛スタッフによる星座解説☆射手座編☆

こんにちは!

気づけば12月に入っていました☆
今年もあと少しで終わりです。

来年はどんな一年になるのか少し楽しみですね(^∇^)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
それでは、簡単星座解説 ☆射手座編☆です。

射手座は、下半身が馬のケンタロウロス族の賢者ケイロンを表しています。
射手座の「いて」は矢を射る人という意味です。
天の川の中心の一番明るいところにあります。

射手座の神話

学問の知識が豊富だったケイロンは教師としてみんなに尊敬されていました。
ある日教え子であったヘラクレスの喧嘩に巻き込まれ
ヘラクレスが無造作に撃った弓が足に刺さってしまいます。
その弓には、なんと毒蛇ヒドラの毒が塗られていました。
すぐに体に毒が回り、冬でもないのに体が震え痛みが襲います。

ヘラクレスはケイロンの体をさすり、自分がとんでもないことをしてしまったと泣きながら謝ります。
ケイロンはヘラクレスを決して攻めませんでした。

普通なら即死するような猛毒でしたが、ケイロンは大神ゼウスの父であるクロノスの子供であった為、
不死身だったのでした。

その日からケイロンはたった一人でこの痛みに耐えなければなりませんでした。
ケイロンにとって死ねない事は苦しみでした。
痛みに苦しむケイロンを見て、ヘラクレスはどうする事もできず、大神ゼウスに
ケイロンの安楽死を懇願します。

ゼウスもその望みを聞き入れ、ケイロンの不死の力を巨人族の英神、プロメテウスに引き継ぎ
ケイロンには安らかな死を与えました。

その死を皆が惜しみ、そのまま天にあげられ射手座となりました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

この神話を読んだ時、胸が詰まりました。。。
射手座にこんな物語があったなんて。。。なんだか切ないです(;д;)

射手座 11月23日~12月21日
支配星 木星
エレメント 火

射手座と言えば、やはり弓ですよね。
矢で獲物を射止めるハンター
関心があればそこへまっしぐらに進む感じでしょうか。

興味の範囲が広く、勉強家。楽観的であるともいわれます。
外国や、哲学、瞑想などに関心がある方も多いのではないでしょうかヽ(´∀`)ノ

支配星が木星で火のエレメントなので、「自我の発展拡大」がキーワードです。

iteza22.jpg

つぎは、もうすぐ射手座からやぎ座ですね。
私もやぎ座なので、どんな物語があるのか楽しみです♪

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://mademoiselleai.blog.fc2.com/tb.php/239-9c8b63ba


リンク